【売上の壁】50万円の壁

高円寺の美容室 シエスタカーサ タカツグの美容師ブログ
JR高円寺徒歩4分 DO-Sシャンプー トリートメント、ハナヘナ取扱店

 

こんにちは 蝶ネクタイが似合う美容師
 にしざわ たかつぐ です。

 

 

 

9月のお休みは
毎週火曜日と6日、20日の水曜日がシエスタカーサのお休みです。
そして、30日の土曜日に西沢お休みしますので宜しくお願いします。


 

予約のお電話たくさんいただきありがとうございます.

たくさんのお電話いただくのですが
西沢はほとんど電話でれない状態です。申し訳ありません。

お客様作業中に何回も電話に変わることで仕事に集中できなくなってしまいます。
少なくとも集中していないのではないか?と思われてしまうためです。
電話出れないことをお詫びします。大変面倒ではございますが

次回のご予約をとって帰ることを
なるべくお願いしております

 

 

 

 お客様には関係ないんですけどね。今日は美容師向けにブログ書いてみます。

美容師には「売上の壁」というのが存在しています。

毎日同じことをルーティンでやっていたら、成長もなく、突き抜けることもないんです。だからいつもちょっと努力してないといけないんです。(笑

まぁこんなもんかな?

 

 って仕事してたら「まぁこんなもんかな美容師になります」お客様もありますよね。美容院行って出来上がりをみて「まぁこんなもんかな」って思うこと。

 

毎月ちょっと努力しないといけないんですよ。

美容師はとってもダイレクトな職業なので、「good」「bad」がはっきり表れます。

だからこそ売上というのは美容師の成績表みたいなものです。

 

 

 

 

スタイリストになって初めてぶつかる壁 

 売上50万円の壁

これを乗り越えるのが最初の難関です。これをクリアするとシエスタカーサではジュニアスタイリストからスタイリストに昇格するんですけどね。これもちろん維持しないと全く意味ありません。

ニシザワがスタイリストになった時は基本的なベーシックな技術とお友達になれる会話力があれば超えれた小さな壁だったんですけどね。今はこれぜんぜん小さな壁ではございません。

結構大変みたいです。昔みたいに紹介のお客様は皆無。湧いて出てくるように新規のお客様はきません。黙っていると月に1、2人ぐらいしか新規のお客様もこないでしょう。

年間5%は必ず失脚してしまいます。そして新規リターン率50%行かない人も少なくないです。

つまり年間の総客数の10%を新規で入らないと、ジリ貧です。(すみませんニシザワ一応経営者なので、こういう数字の計算もできないとダメなんです。悪意はありません)

1日2人入客すると一ヶ月で50人入客します。

つまり1ヶ月5人以上新規のお客様に入らないと1年後は売上は下に傾いています

だから黙っていたらいけないんですよ。今時の美容師は。もっといろんなことを言う必要があります。

それが言葉でもいいし、ブログでもいいしなんでもいいんですけど、今こんなことしてます。これをするとこういう風になります。今こういうのが流行っています。じゃんじゃん発信しないと「その他大勢」の美容師になってしまいますよ。

 

 

それとね。自分より目上のお客様を接客して、定着することを心がけた方がいいね。
自分と同じくらいの年齢はどんなことに興味あるかとかわかるかもしれないけど、
自分のお母さんぐらいのお客様がどんなことに興味があるのか?って

自分のお母さんよく見てないとわかんないでしょ。

 

まずは自分のお母さんぐらいのお客様が定着させるのが目標だね。

 

 

売上30万円の壁

今では、30万円を超えられない美容師が増えています。これって自分の給料稼いでないし、これではカットができるアシスタントです。

でも今までずっと、スタイリストの元で、アシスタントしていて、「指示待ち」だったアシスタントに起こりやすい現象です。つまり自分で能動的に動いていないんです。

どうやったらお客様に喜んでもらえる??て考えていますか?

 

 

頑張っています。

みんな頑張っているので、具体的に何を頑張っているかすぐに言えなかったら頑張っているんじゃなくって頑張って美容師して生きてますっていう程度。

うちの息子小学5年生ですけど、もう塾も行ってますよ。剣道も習っています。まぁ勉強が言ってみたら仕事ですよね。皆さんは一日みっちり何時間働いていますか?美容師なら8時間か9時間くらいでしょう。

そのあとどうしてます?家に帰って今日の反省したりしてます?残ってカルテに何か書いてます?

今時小学5年生でも10時間は勉強してますよ。すげーなって思いますけど、いまってゆとりじゃないからね。ゆとっている場合じゃないわけですよ。今はいいかもしれないけどあと10年したら、ゆとってないやつが後輩にあらわれるんですよ。

 

 

 

「売上のばしたい」
だけど、練習しない、講習も行かない、自己投資もしない。
そして、考えてないから。

だから止まっちゃうんですよ思考も行動も。

 

結果が出てないならやり方変えないと。周り環境で自分を大きく変えられる人はいいんですよ。

幡野はカットの講習に何百万もかけて行き。臼井が産休の時に臼井のお客様を失客しないようにと頑張ったから一つ上にいけたんだと思います。周りの環境がそうさせたのかもしれませんが、彼女はそれで一つ皮が向けたんだと思います。

 

 

でもニシザワも、幡野もいつか止まってしまうと思うんですよね。

止まってしまったら自分を変えるチャンスだと思うんですよね。

上がっている時はいいんですけどね。止まったらチャンスです。

 

一生懸命働く

別に恥ずかしいことではないと思うんですけどね。まぁクールではないですよね。

なんとなく世の中「楽して稼ぐがかっこいい」的な風潮にありますが、楽して稼いでいる人に苦労して稼いでいる人をバカにしないでいただきたい。

全力で働いていない人が

全力で働いている人にかなうわけないんですよ。

その差はどんどん開いていくよね。毎日全力でやれって言っているわけじゃない

だから毎日とは言わないちょっと他のやつより頑張れ。

「仕事=楽しい」

まぁこう思えたら最高だけどそんな気持ち強要できるわけないしできるとも思わないし。

ニシザワはさ。

こう思っているわけ。邪推な考えなしで。

冴えないおっさんが綺麗な女性をより綺麗にして、好きなだけお話しできて、大した教養もないのに、皆さんお話し聞いてくれるし。お金もらっているのに、「ニシザワさんありがとう」って言ってもらって必要とされてるなぁーって感じが最高だね。「ニシザワさんじゃなければダメ」ってもうボーナスステージですわ。

そのための努力はしますよ。

そういう理由でニシザワはこの仕事楽しいので、ますます売上は上がっているようです。

 

まとめ

売上は残念だけどリアルだし、理想を高く掲げても、それに向かってどう行動したか?どう反省して同じ間違いを繰り返さないようにできたか?
頑張れば確実に上がるものではないけど、何も考えなかったらまぁ上がらないよね。

次の100万円の壁というのがあるんだけど、これくらいは行ってないと正直大人になれません。

子供育てられないし、もし結婚しなかったら、女性で1人で生きていくにはちょっと辛いです。

だからこの次回100万円の壁を難なく超えるためのステップとして50万円の壁というのがあります。

売上が上がるというのは楽しく美容できる一つのきっかけだと思います

 

 

 西沢に予約してみようかな?と思いましたら、ぜひこちらをお読みください

 

シエスタカーサ メイクアップ

 
 
 
髪が綺麗になり持続させたいと思っているお客様に

いつも読んでいただいてありがとうございます。

そして、いつもご来店頂いている方にはお世話になっております。
さて、髪が綺麗なったらどんなことを家ですればいいの??というご質問が多いので

こんなページがあります。ご参考にどうぞ

髪がきれいになったら

西沢はDO-Sシャンプーを薦めます

  

WEB SHOPでご購入できます

 

Amazonでお買い物 まとめ 2017 5.15更新

 

  

 

働きたいという方は,,

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

美容師を四半世紀してきました。まだまだ新しい発見とワクワクが終わりません。  都内高円寺で「SiESTA CASA」の美容院店長兼社長です。 Happyな美容師ライフを満喫しております。毎日楽しいですよ。たくさんのスタッフに囲まれて幸せかみしめています(笑