【ストレートアイロン】ADST DSとADST DS2の違い

 

こんにちは 蝶ネクタイが似合う美容師
 にしざわ たかつぐ です。

 

大事なお知らせ ’17,7,27更新

にしざわたかつぐ とは、こんな人 プロフィール

 

お客様からよく聞かれることを今日は記事にしたいと思います。

プロがどんな道具を使っているのか?

興味ありますよね。

 

どんなストレートアイロンをつかっているのか?

うちでストレートパーマをかける時に西沢たちが使っている

ストレートアイロンは
ADST DSというアイロンを使っています。
どこがいいのか?と聞かれると

開閉が軽いということ

縦に溝が入っているので、お客様が熱くない。

そして、 ドカンアイロンの巻きの感じがこれで慣れている

が挙げられます。

 

よく言われるんですけどね。

特にストレートアイロン買ったからといってうまく

できるようになるわけじゃないですよ(笑

 

これを使っている人の「腕」

が大事!!!

 

 

でもね!やっぱり欲しいっていう人少なくないです。 

 

 

ADSTは2種類ある

実はこのADSTというストレートアイロン検索してみると

 ADST DS2という新機種もあります。あれ?なんで新機種使わないの??

って思うと思います。

こちらの2つです。

まぁうちで使っているのはADST DSという方ですが、安いからこっちを使っているわけではありません。

こんな風に両方用意してあります。

実はですねこの2つにはちょっと差があるんです。

それをお見せしますね。

ADST DSの特徴

普通ストレートアイロンはプレスかけると水蒸気が発生します。
これが放射線状に出るのですが、

アイロンのプレートに縦溝が彫ってあります。これで、縦方向にしか水蒸気が出ないので
横方向の水蒸気が一気に縦に流れていきます。

こうしたことでお客様も熱いことなくストレートパーマができます。
ニシザワは人にやることを前提にしているので、熱い加減がわからないので
細心の注意が必要というか、どれぐらいで熱いかわからないんです。

でもアチ!!ってなるのは嫌ですよね 

DS2の特徴

 

 

こんな風に片方にしか溝が彫ってありません。そして代わりにサークル状の

プレート面があります。

これでテンション(張力)かかるんですこれの方が。

 

でもシエスタカーサのストレートパーマのやり方はテンションかけないやり方なので
あんまり向かないんですよね。

だから乾かして、セットするならこっちの方が早くまっすぐなるかもしれません。

 

 

まとめ

髪は引っ張らないほうがいいと思っているので
このさじ加減を
さらにアシスタントの人に覚えてもらうのが大変なので

今はDSだけ使っています。

通常の髪質の場合お客様にもテンション(張力)がかかりにくいDSをお勧めしています。

髪がサラサラしていて、うまく掴めない、髪が細いなどの特徴がある場合はDS2を勧めます。

髪質に合わせてご購入の目安にしてみてはいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 西沢に予約してみようかな?と思いましたら、ぜひこちらをお読みください
 

はじめて 読む方に お店のご案内と料金の説明、注意事項をお読みください 2017.2.16更新

 

 

ウェブショップからでもご購入できます。

sign-3

 


SiESTACASAのHP  http://siestacasa.s1.bindsite.jp/

東京都杉並区高円寺南2-45-17 コーヨービル1F

電話 03-3314-6877

 

 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

美容師を四半世紀してきました。まだまだ新しい発見とワクワクが終わりません。  都内高円寺で「SiESTA CASA」の美容院店長兼社長です。 Happyな美容師ライフを満喫しております。毎日楽しいですよ。たくさんのスタッフに囲まれて幸せかみしめています(笑