一万時間の法則

高円寺美容室 シエスタカーサ 美容師ブログ

 

こんにちは 蝶ネクタイが似合う美容師
 にしざわ たかつぐ です。

 

 2月1日、15日の水曜日と毎週火曜日はシエスタカーサおやすみです。

予約のお電話たくさんいただきありがとうございます.

たくさんのお電話いただくのですが
西沢はほとんど電話でれない状態です。

申し訳ありません。

お客様作業中に何回も電話に変わることで仕事に集中できなくなってしまいます。
少なくとも集中していないのではないか?と思われてしまうためです。
電話出れないことをお詫びします。
大変面倒ではございますが

次回のご予約をとって帰ることを
なるべくお願いしております

 

 

 

  10000時間の法則って知ってます??

「1万時間の法則」は、プロレベルの成績の調査に由来するものです。フロリダ州立大学のK.アンダース・エリクソン博士という方がいます。彼が1万時間の法則の考案者です。この法則は、プロのスポーツ選手、世界的な音楽家、チェスの名人など、超競争の激しい分野の、超成績の良い人ばかりを調査して導かれたものです。

 

 

 

西沢知らなかったのですが、、、しかも読んでません。

でもとっても理解できます。西沢ずっと前からそう言ってきました。

美容師のアシスタントはスタイリストになるまで2000時間必要とされています。
(西沢の計算では)

これっておよそ普通に働いたり勉強したりする5年分です。 

 2000時間足んないよ??って思いますよね。

そうなんです

残りの8000時間も待ってられないし、途中カットを初めて,
残りの8000時間を使ってカットをより深く学びます。

「超競争的な分野のトップになるために1万時間かかる」

美容師は超競争的な分野だと思います。
つまりわずかなトップクラスには、10年かかるってことです。

 

西沢も思いましたもん

うちのスタッフは聞いたことあると思うのですが、

 

タカツグ

「俺はこの仕事に向いているなんて思ったことはない」  

 「練習したからできるようになった。センスがある人はもっと違うんだと思う。
でもセンスがあったからと言って、この仕事を続けられるかどうかは
また違う問題」

 

って思っていたし、言い続けていました。

 

 

この記事を読むと、、、

そうなんです。センス=才能だとすると

才能っていうのは、自分で頑張って作ったり、生まれもってきたものとかじゃなくて「何かが楽しくて夢中になってやってるうちに、知らないうちに出来上がってくるもの」

 

 

なら西沢もあとちょっとかな?!

 

 

 

 西沢に予約してみようかな?と思いましたら、ぜひこちらをお読みください
 
 
 
 
 
 
髪が綺麗になり持続させたいと思っているお客様に

いつも読んでいただいてありがとうございます。

そして、いつもご来店頂いている方にはお世話になっております。

さて、髪が綺麗なったらどんなことを家ですればいいの??というご質問が多いので

こんなページがあります。
ご参考にどうぞ

髪がきれいになったら

西沢はDO-Sシャンプーを薦めます

 

 

WEB SHOPでご購入できます
働きたいという方は,,

 


SiESTACASAのHP  http://siestacasa.s1.bindsite.jp/

東京都杉並区高円寺南2-45-17 コーヨービル1F

電話 03-3314-6877

 

 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

美容師を四半世紀してきました。まだまだ新しい発見とワクワクが終わりません。  都内高円寺で「SiESTA CASA」の美容院店長兼社長です。 Happyな美容師ライフを満喫しております。毎日楽しいですよ。たくさんのスタッフに囲まれて幸せかみしめています(笑